Kohno
Sakurai
Kimishima

Passion, history and new classical guitar creations.

Kohno
Sakurai
Kimishima

Passion, history and new classical guitar creations.

Kohno
Sakurai
Kimishima

Passion, history and new classical guitar creations.

Kohno
Sakurai
Kimishima

Passion, history and new classical guitar creations.

Kohno
Sakurai
Kimishima

Passion, history and new classical guitar creations.

Kohno
Sakurai
Kimishima

Passion, history and new classical guitar creations.

Kohno
Sakurai
Kimishima

Passion, history and new classical guitar creations.

Kohno
Sakurai
Kimishima

Passion, history and new classical guitar creations.

/

世界に広がる私たちのギターの音。

著名ギタリストによる、河野賢、桜井正毅、君島聡製作ギターの演奏を聴くことができます。
Masaki Sakurai

桜井正毅 2020年インタビュー

あなたの理想のギターを教えてください。

Kohno Guitar Manufacturing

独自の構造思想に基づき、最高級の木材を使用し、独自のサウンドを奏でるギターは、50年以上にわたり世界のトップミュージシャンから高い評価を得ています。

  • 世界最高水準と評価される
  • 世界各国のミュージシャンが演奏
  • コンサートホールでの壮大な音響
  • 独創的でユニークな構造コンセプト
  • 十分に自然乾燥し厳選された木材
  • 繊細なディテール、完璧な仕上げ


Guitar bracing

ドキュメンタリー2009(TBSより抜粋)

新しいギターのブレーシングシステム

独自の個性と音色を持つ音

河野賢、桜井正毅、君島聡の3世代に渡り、最高の理想を追求してきました:
科学的裏付けのある力木理論を研究し採用することで、単板でありながら独創的かつバランスのとれた豊かなサウンドを目指しました。



Ken Kono
河野賢が大学の卒業製作として作った最初のギター。
ラベルには、Ken Konoと書かれている。

1949年、河野賢の初号機が完成

河野は1949年の初号機製作から、1998年に他界するまで、常により良いギターを作る事に人生を捧げてきました。河野賢の没後は桜井正毅がその意志を継ぎ、新たなギターを生み出し、君島聡も加わる事でこれからも進化し続けてゆきます。時代によって、音も形もデザインも異なりますが、それぞれの時代のファンの信頼に支えられて今の河野ギター製作所があります。

私たちの理念

伝統を重んじつつ、進化し続けること
Kokoro

KOKORO

HEART

ギターには、技術と精神が表裏一体となったルシアーの精神とライフスタイルが反映されます。ミュージシャンが自分のものにしたくなるような、そしてミュージシャンの心や聴く人の心に響くようなギターを作るために、日々情熱的に知識と技術を高めています。
Waza

WAZA

CRAFTSMANSHIP

木材の選定、シーズニング、製作、仕上げに至るまで細心の注意を払い、伝統と技術を駆使して作られたギターは高品質です。
常に新しいものを提供し、弾くのが楽しくなるような快適なギター作りに励んでいます。
Hibiki

HIBIKI

SOUND

完成度の高さを追求することで、表情豊かな音の世界への扉を開く。木材の構造や品質が音に与える影響を常に研究しています。
妥協を許さない姿勢が、すべての人の魂を揺さぶるギターを生み出すのです。


3世代に渡るルシアー

Masaru Kohno

河野賢

1926-1998
河野賢は、ギター製作における偉大な人物の一人である。
東京高等工芸学校木材工芸科(現:千葉大建築科)を卒業し、1948年からギター製作を始める。1960年、Arcángel Fernándezの工房に6ヶ月間滞在し、スペインの伝統を理解し、技術を高めることを決意する。1967年、ベルギーで開催されたエリザベス・コンコース国際ギター製作コンクールで金賞を受賞し、世界的に認められるようになった。審査員にはIgnacio Fleta、Robert Bouchet、Joaquín Rodrigo、Alirio Díazがいた。
Masaki Sakurai

桜井正毅

1944~
桜井正毅は、河野賢の甥で、上智大学で電気工学を学び、1967年に河野ギター製作所の一員となった。1988年、パリ国際ギター製作コンクールで栄えあるプルミエ・プリを獲得。ギターの音に及ぼす響板の重要性を研究し、新しいブレーシングシステムを作り上げた。桜井正毅のギターは非の打ち所がなく、弾きやすさと素晴らしい音の響きで知られている。
So Kimishima

君島聡

1983~
君島聡は、祖父河野賢に憧れ河野ギター製作所に入社。桜井正毅の下でギター製作に励む。
河野賢の「考えた事は全て試した。」という言葉を依り代に、自身でも思いつく限りの実験、試作を繰り返し、ギターの音作りを理解する。
その後自身で製作した楽器が桜井に認められ、2021年、ギター製作家としてスタートを切る。河野賢と桜井正毅の研究と経験を受け継ぎ、ギターの品質を永続させるだけでなく、新しい技術への挑戦、モデルの開発にも取り組んでいる。